家族には借金のことを知られたくありません

任意整理を行って債務額を減らそうとしたのですが、その時点で結構の債務額になっていたため個人再生になってしまいました。所有していた車は趣味の範囲ということで処分をもとめられましたが、自宅を処分せずに済んだのは幸運でした。

毎月の返済の負担が軽くなりましたし、家族に事実を伝えることができましたから、今は気もちも落ち着いています。
複数の会社から借金を重ねているという人は、債務整理の前に、全ての借入をおまとめローンで一本化できないかどうか考えてみてちょうだい。借金の額は減らないとはいえ、大きなひとつの債務として取りあつかわれるようになり、金利を下げることができると思います。

借入先がひとつになったことで、バラバラだった毎月の返済を一回で済ませられるようになります。

借金が返せない場合の対応策はこちら↓
http://www.russianwolves.org/

このおまとめローンをしても返済が不可能となった時点で債務を整理をおこなうのも悪い方法ではありません。これまでに債務を整理で借金を整理した経験がある人は、これからもお金を借ることができるのどうかは、誰しも気になる問題でしょう。実のところ、法律では特に禁止されていないため、借入できる可能性はあります。

でも、大手消費者金融や銀行からの借入は厳しいでしょう。でも、法律で制限されているワケではないので、小さい金融機関であれば、利用出来る事もありますから、まずは一度確認してみましょう。延滞する位ですから弁護士への着手金を用意するのも大変でしょう。しかし、それでも任意整理をはじめとした債務整理全般を引きうけてくれる法律事務所はあります。

一般的には着手金に変るものとして手付を少額でも用意します。着手金との差額部分については、債務整理を開始してからローンの返済が一時的にない期間を利用して毎月積立をして、全ての処理が終わってから最後の精算などとともに清算するのです。
いわば支払いを事前に分割払いする感じです。
債務整理の相談に行った際は、積立方式を勧められますし、債務の返済が再開してから弁護士費用を支払うよりはよほど現実的です。
一人で債務の返済に悩むのは良くないです。

債務整理に関する相談を無料でうけ付けているところは探してみるとあちこちにあるものです。自治体でも相談をうけ付けていますし、消費者ホットライン、消費生活センターのほか、各弁護士会、司法書士会連合、法テラスといったところでも相談窓口や最寄りの専門家への橋渡しの機能があります。

司法書士や弁護士の事務所の中にも無償で相談が出来る事が多いですから、相談を聞いて貰い、それからどうするか決めるというのも手です。